基準財政需要額と基準財政収入額-地方交付税はこう決まる-

 令和3年度の丹波市予算では地方交付税が前年度予算比5.2%減の109億円と厳しい見込みとなっています(普通交付税95億円+特別交付税14億円)。  国としてはコロナウイルス感染症の影響で地方が苦しいと想定し、総額17.4兆円と前年度比5.1%増やしています( 続き …

姿勢は良いが中身に乏しい(?)2021年度予算

 昨年度は「見どころの少ない(?)2020年度予算」として少々辛口で評価した新年度予算。今回は新しい市長による初めての予算ということで、楽しみに待っていました。  で。どうでしょうか。  基本姿勢は良いと思うのですが、方向性や中身に乏しく、丹波市の未来が見えて 続き …

減収補填債って何だろう?

 さて、今回の補正予算では「減収補てん債」の発行が見込まれています。 減収補填債(5条分) 7,690万円減収補填債(特例分) 2,740万円  これを見たのは初めてです。  確認したところ、丹波市政では2004年11月の合併以来初めてとのこと。 全国的にはリ 続き …

3月補正予算はコロナ対策など

 3月の補正予算の内容を見ておきましょう。増減ありますが、合計では8億3,163万円の減額。  結果的に、これまで14億8,030万円を見込んでいた財政調整基金からの繰入金をゼロにできました。基金を取り崩さず、次年度以降の必要に備えることができることになります 続き …

電気自動車充電設備など3月議案総解説

 それでは、令和3年3月議会に提案されているその他の議案について一括解説します。  ここで紹介する以外の議案についてはエントリーを分けて紹介していますので、下記それぞれの解説をご参照ください。 ・介護保険料はどう決める?・介護現場の現代的課題と条例改正・辺地と 続き …

企業版ふるさと納税とふるさと寄附金の現状

 企業からの地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)ができたことはご存知と思います。具体的には「地域再生法」第13条の2ですね。 法人が、認定地方公共団体に対し、認定地域再生計画に記載されているまち・ひと・しごと創生寄附活用事業に関連する寄附をしたときは、当該法 続き …

こども医療費の無料化のために

 今回、こども医療費の無料化の継続が議案として提出されています。 議案24号 丹波市福祉医療費助成条例の一部改正  これは兵庫県との共同事業によって軽減しているゼロ歳から中学生までの医療費について、市の独自予算を追加して自己負担を無くし、無料化しているものです 続き …

教育支援センターに研修機能を充実

 JR黒井駅前に「丹波市教育支援センター レインボー」があるのはご存知でしょうか。  不登校やいじめをはじめとしたさまざまな教育上の悩みについて相談できる教育機関です。  適応指導教室としての「教育支援センター」は文部科学省でも進めてきており、丹波市では平成1 続き …

同じようで違う下水処理施設―及び規則と規程ってどうちがう?―

 昨年4月に上下水道部が統合され、新たに春日庁舎にワンストップのお客様窓口ができました。 今回の議会では下水道事業についての条例変更があがっています。 議案37号 丹波市下水道条例及び丹波市下水道事業受益者負担に関する条例の一部改正議案38号 丹波市コミュニテ 続き …

人権擁護委員というおしごと

 今回の議会では、2名の人権擁護委員への同意案件があがっています。  人権委員については以前のエントリー「111回9月議会議案徹底解説」でも紹介しましたが、あらためて独立した投稿としてご紹介します。  根拠となる法律は「人権擁護委員法」です。 人権擁護委員の選 続き …