2019年度決算を予算と比較する

 9月議会が閉会しました。  9月議会の重要な議題は決算の審査です。今年の3月末までの「令和元年度」の決算を審査し、認定しなければなりません。 決算審査の主な流れについては、昨年度の決算審査に伴ってご紹介した「決算審査の勘所」に書かせていただきました。  また 続き …

ポストコロナ社会へのメッセージとしての水道料金減免

 「新しい生活様式への対応など補正予算を読む」でご紹介した今回の補正予算で、もっとも悩んだのは、水道料金の減免でした。  いろいろ考えさせられ、仲間とも議論を繰り返し、結果的に賛成しました。 水道料金、too late,too little!  そもそもなぜ悩 続き …

新しい生活様式への対応など補正予算を読む

 新型コロナウイルス感染症、第2波が心配されましたが、現在のところ、落ち着いているといってよさそうです。 もっとも、これから冬場になるとどうなるか。インフルエンザの流行も重なりますから、まだまだ気が抜けないところです。  9月議会では、補正予算が提案されていま 続き …

111回9月議会議案徹底解説

 9月議会は決算審査がメインです。  当初に提案された議案等は45件。このうち13件が一般会計や特別会計の決算で、これらは賛否を問うのではなく認定するかどうかが諮られます。  人権擁護委員が12名、これらは同意するかどうかが諮られる案件として個別に議案となって 続き …

109回6月議会議案は税条例の改正など

 6月議会当初に提案された議案は15件です。このほかに議員提案の議案(報酬カット)が1件あります。 税制改正を受けた丹波市税条例の改正  6月の議会は、国の税制改正を受けた丹波市の税条例改正が出されることが多いです。毎年3月に国の法律改正があり、今年度から適用 続き …

ポストコロナにおける自治体の「新常態」

 緊急事態宣言が解除され、徐々に日常を取り戻しつつある今。  第二波への警戒を怠ることなく、市民には「新しい生活様式」が求められています。今回の経験を通して、社会や世界のあり方が変わりつつあるとも言われます。  現在も緊急的な支援を必要とされている企業なり市民 続き …

丹波市コロナ対策補正予算まるわかり

 ようやく、丹波市の新型コロナウィルス感染症対策補正予算の審議が始まりました。 皆さんからはスピード感に欠けるというお叱りをいただいており、反省すべきところは反省し、改めていきます。一義的には当局側の動きが遅いのが原因ですが、議会が「両輪」として機能せずブレー 続き …

コロナ対策21の提言

 緊急事態宣言がなされ、日本のコロナウイルス感染拡大対策も正念場を迎えています。  私が所属する丹波市議会の会派「丹新会」では、本日、市長に対して「コロナ対策21の提言」を行いました。 市議会の政策討論会等を通して議員の総意として届ける方法もあるのですが、開催 続き …

見どころの少ない(?)2020年度予算

 3月議会当初に提案された2020年度一般会計予算は336億円。防災行政無線やミルネといった大型事業が完了したため、前年度比15億円の減となっています。丹波市の規模だと、320億円程度が標準的ですので、あともうひと頑張りですね。  もっとも全体的には見どころが 続き …

107回3月議会議案は組織改編など

 3月議会当初に提案された議案は48件です。このほかに人権擁護委員や農業委員会委員の任命などの同意案件が29件あります。 組織再編(の再考)など人事に関わること 議案16号 丹波市行政組織条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例議案17号 丹波市行政組織改 続き …