地方議会が国会より権能が広いわけ

新任議員研修2日目。今日は議会の実際の議事の進め方、議会の規律などについて説明を受けました。 地方議会は日本国憲法93条で「議事機関」として位置づけられています。国会が「立法機関」であるのに対し、地方議会は条例の制定や改廃だけじゃなく、ひろく行財政全般にわたる 続き …

地方自治の要素と議員としての役割

 市議会議員に当選し、当選証書をいただいて4日目、新任議員研修が始まりました。  研修1日目の前半は、タブレットの利用方法や文書管理システムの利用法などが中心。これらは主にシステム事業者さんが説明されます。  後半になって、地方自治のこと、議会の役割、議員の役 続き …

市民のみなさまへのお約束【2016】

市民が主役のまちへ 魅力的な地域の資源を大切に、社会の価値観をシフトしてしあわせな未来を創造する。これまで多くのプロジェクトの企画・運営に関わってきた経験を活かし、あなたと共に、誰もがワクワクし、誇れるまちを実現します。 主役になるのは、市民です。そのために、 続き …

大路こどもの森にて丹波市の未来を語る

インタビュー動画を撮ろうということで、やってまいりました、大路こどもの森。 この日は、この後、月に1度の「あそびの学校」が控えています。時間が限られている中、ワンテイクでOK。 背景に映っているのは、みんなで建てたツリーハウス! 森で間伐した材を使い、老朽化し 続き …

2012年 株式会社ご近所 創業

株式会社ご近所は、PRとそれに伴う企画・デザインを行う会社です。 かつて「ご近所」がそうであったように、人と人、人と環境が身近な関係でつながれ、次世代に受け継がれる社会を「しあわせな社会」と考え、その実現に貢献したいと考えて創業しました。 その未来社会では、お 続き …

2010年 大路こどもの森 開設

かつてのように裏山で遊べる丹波を取り戻したい。そう考えて、地域の方々と、学校近くの山を間伐して開放したのが「大路こどもの森」。 その後、大人たちの遊びとして、間伐した木材を利用してツリーハウスを作ったり、兵庫県で初めて、「アースバック工法」と呼ばれる土嚢を活用 続き …

丹波市は「寛容」なまちであった!

昨日は、この地域で長く農業振興に携わってきた方とお話をさせていただきました。 その方が、「丹波市は結構、新しい人を受け入れるまちだ」とおっしゃっていて、それがとても印象的でした。「田舎って閉鎖的」ってよく言われるけど、丹波市はそうではない、という言葉を、こうし 続き …

2003年 里山ウォークデイ 実施

里山ウォークデイは、何もない日常の「田舎」をそのまま楽しんでほしいと、地元の集落の協力を得て実施したイベントです。 年に1回、その日だけは、村の中を訪問者が自由に、思い思いのスケジュールで歩き回ることができます。 公民館を受付に、参加費と引き換えに木でできた地 続き …

多様性こそが地域の未来の礎になる

友人から、2年前の誕生日にぼくが書いた投稿を教えてもらって、あらためて読み返して、ああ、変わってないな、この思い、と感じたので、あらためて引用します。 その日は、多くの方からメッセージをいただき、おまけに、会社で開催したセミナーの場でサプライズでお祝いをいただ 続き …