まちなかホテルの迷走

「まちなかホテルの迷走(への助走)」からの続きです。そもそもの構想の内容については、「まちなかホテルの可能性」をお読みください。 ここから、いよいよ観光拠点化の話と農泊事業の話が絡みあい、さらに支所の活用方法へのそれぞれの思いが重なって、話がややこしくなってい 続き …

まちなかホテルの迷走(への助走)

なんだか議論紛糾している感のある丹波市柏原の「農泊事業」。前回「まちなかホテルの可能性」で予告した現在の論点をまとめる前に、ここに至る経緯を整理します。 それというのは、今回の計画が議論紛糾している理由のひとつに、当局の進め方に対する不信感があるからです。 進 続き …

まちなかホテルの可能性

私たちの会派「丹新会と維新」では、月に1度、定期的な勉強会を設けています。今週の月曜に開催した定例の勉強会では、主に「柏原地域での農泊事業」について議論しました。 先日の新聞に「市議が柏原支所のホテル化中止を申し入れ」という記事が出て、驚かれた方もいらしたので 続き …

これからの丹波市の姿

九月議会が始まりました。 台風の接近に伴い、定例会2日目、3日目を延期し、一般質問は今日と明日の2日間で行うことになりました。 ぼくは明日の午後一番の予定です。今回は、丹波市の将来像について、都市構造、生活圏、観光の3つの観点から質問します。 先にご紹介してお 続き …

強みを生かした健康まちづくり

前回「健康まちづくりの基本方針が必要では?」で、健康まちづくり基本方針の必要性を感じる背景について説明しました。 そして、その基本方針は、総合的なものではなく「エッジを立てた基本方針」であるべきと指摘しました。 では、そのエッジの手がかりとなるのはどのような方 続き …

健康まちづくりの基本方針が必要では

この先50年の丹波市のことを考えています。 確実に進行する人口減少と高齢化のもと、このまちはどうあるべきでしょうか。いくつか切口を持っているのですが、答えを出したかった一つが、「統合新病院をどう生かすか」です。 高齢化する社会にあって、健康と福祉が基盤的なテー 続き …

専門としてきたゆえに質問を避けるということ

いよいよ3月議会がスタートしました。3月は新年度に向けた予算を審議するとあって、1年の中でもひときわ重要です。 そんな矢先、議案書の議案名に訂正があるという事案。提案された2月20日(火)初日の本会議終了後、さっそく議会運営委員会が開かれて、処置を相談しました 続き …

協働とスーパー公務員と

いよいよ9月議会。この9月議会は決算審査がメイン。決算については別の機会に触れさせていただきますが、後半以降、集中審議に入ります。 さて、今は一般質問の最中。ぼくの登壇は3日目、9月7日(木)の3番目、全体の大トリになりました。9時から始まって、一人1時間以内 続き …

請願あるいは予算編成権~猫の不妊助成をめぐって

今回は請願の話。 請願というのは、市民の方から議会に対して出す意見の形式の一つです。意見の出し方としては、より簡単な「陳情」という方法もあるのですが、「請願」は紹介議員が間に入って議会に対して提出されるものです。 陳情の場合は、いただいた意見書を各議員に回覧す 続き …

丹波市を寛容性のあるまち、多様性のまちに

議会の開会中はなかなかブログも書けないぼくです。 昨日は市長が職員さんのお葬式に参列するということで、午前中を30分延長、午後は14時半からと変則的な日程が組まれました(ご冥福をお祈りします)。一般質問は予定通り、7人が演台に立ちました。 今日も7人の予定です 続き …