市民と行政の協働を促進

これからの時代、「公」と「私」の両輪に加えて、両者が協働する「共」の原理が重要になります。

これまでも多くのワークショップの設計や実施に関わってきましたが、それはもちろん、入口にすぎません。

行政と市民が手を取り合って、新しい時代を創りましょう。

市民の側に参画する行政を推進しましょう
市民参画といえば、行政が主催する委員会等に市民が参加することが中心でした。でも、共同参画社会の本質は、行政職員もまた、一市民として市民活動に参画し、ワクワクする未来を一緒に創り、その経験を行政に反映させていく姿にあるのではないでしょうか。市民感覚で活躍する職員が評価される行政を実現しましょう。
市民応援プラザ(仮)を開設しましょう
丹波市では今、定住促進センターや市民活動プラザの構想が進められています。市内で活躍する人々を増やすという点において、それらは同じゴールを目指しているのではないでしょうか。ここに男女共同参画や外国人などのマイノリティ支援の部門も併せて、市民の活躍を応援する総合窓口機能を実現しましょう。
元気な民間との協働を促進しましょう
今、丹波市では民間の中に多くの輝く動きが芽生えています。これらの活動に光をあて、行政の中に活かしましょう。補助をする受けるといった二軸の考え方ではなく、民間の活動もまた市の文脈に位置づけ、民間と行政が一体となった丹波市として、総合的に「チャレンジ」しているまちというアピールをしていきましょう。