4年ごとの選挙で問われるもの

いよいよ市議会議員選挙が始まりました。

今回は2期目の挑戦です。とすると、問われることは2点。ひとつは、4年間の実績です。4年前に皆様としたお約束を、どれだけ果たしてきたか。

もう一つは、今後の政策です。これからの4年間、何を達成するのか。何を目指すのか。

加えて、政治家としての姿勢も問われます。その点に関しては、市民の皆様の声をどれだけ誠実に市政に届けたか。

本日、11月8日(日)の出陣式では、これらの点について、皆様にお伝えしました。それにしても、こうして皆様のあたたかい声、ご支援を受けると、つい涙ぐんでしまいます。

動画:小橋昭彦出陣式

  • キャッチフレーズ「市民が、主役」 20秒
  • 4年間の実績 1分28秒
     市民プラザ 1分45秒
     道の駅丹波おばあちゃんの里 2分00秒
     コロナウイルス対策 3分10秒
  • 市民の声を誠実に 4分10秒
  • 今後4年間の抱負 5分40秒
     議会改革 5分50秒
     デジタル市役所 6分40秒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください